めまいを起こした女

    メニエール病になったら

    メニエール病は悪化してしまうと完治させる事が難しくなるので、早期発見が大事です。治療方法は薬物療法になりますが...

    Readmore
    めまいの薬

    メニエール病の原因・症状

    メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳後半から40歳前半にピークを持つ山形です。人口10万人当たり15~1...

    Readmore
    めまい用ドラッグ

    とてもつらい病気です

    メニエール病という、一見何の病気かわからないようなものがあります。その症状の多くはめまいを強く訴えることであり...

    Readmore

メニエール病の原因・症状

めまいの薬

メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳後半から40歳前半にピークを持つ山形です。
人口10万人当たり15~18人程度いて、患者の内メニエール病患者は5%~10%程度です。
メニエール病の本態は内耳の内リンパ水腫です。
内リン水腫によって前庭と蝸牛の感覚細胞が障害され、突発的で激しい回転性のめまいと同時に、難聴などの蝸牛障害症状の発作が繰りします。
診断基準として3点があり三点を満たせば確定診断することになります。
数分前から数時間の回転性めまい発作が反復する。
耳鳴り・難聴・耳閉塞感がめまいを伴って消長する。
諸検査で他の耳鳴り・難聴を起こす病気が鑑別できるというのがあります。
病気が完成してしまうと難冶であり、早期の治療が重要です。
基本的には薬による加療となり、治療に使われる薬は多いです。
メニエール病で生命に危険がおよぶことがないです。
ですが、病気が進行し難聴や平衡感覚の乱れが常態化すると難冶になります。

メニエール病の主症状

めまいの遊具

メニエール病の症状として主に、めまいと耳鳴りがあります。
めまいとは目の回るようなくらくらとした感覚のことです。
ものが揺れいて見えたり、目がかすんだりします。
症状が色々あり人により答え方が違うのが特徴です。
医学的には視覚、平衡感覚と固有感覚の不統合によって感じる感覚だといわれています。
耳鳴りとは難聴とともに出現することが多く、軽い不快感から不眠、うつ状態などを起こします。
耳鳴りは本人にしか聞こえない自覚的耳鳴と、外部から聴取可能な多覚的耳鳴があります。
他にも難聴や耳閉感があります。
難聴の症状にテレビやラジオの音が大きくなったり人の話を何度も聞き返すなどがあります。
耳閉感は耳管が通常よりも細くなり耳の内部と外部の間で圧力の差ができそれが違和感になります。
さらに発作により吐き気、嘔吐、動悸、冷や汗、顔面が蒼白くなる、異常な寒気、暑さなどの温感異常などが出てきます。
さらに主症状がさらに酷くなります。

どうやって克服するか

めまいの元

メニエール病の症状として、めまいのほかに耳鳴りを強く感じるという人もいます。
耳鳴りだけでは、たくさんの人が経験するものでありますのでメニエール病だと判断することが遅れる場合があります。
ですがほとんどはめまいと併発して表れるものですので、たいていは普通の耳鳴りではないということがわかるものです。
普通の耳鳴りでも、頻繁にあるとまいってしまいますがめまいと同時に起こるとなると、それは病院での治療の対象となってくるのです。
昔はそんな病気の名を聞くことはありませんでしたが、現代がストレス社会となってきてそのような病名がついたものと考えられます。
そんな病気になったのでは、毎日が苦痛と闘うことになりますから一刻も早く治療を開始して病気を治すことが必要であります。
その病気は自律神経と深く関係していますので、自律神経を整えることで改善してくることもあります。
どこの病院へ行っても、治らないという人もなかにはいます。
そんな人は、ストレスをなくす生活を考えることが大切です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930